扶桑ゴム産業の最新情報とうぇぶますたあ「TKYK」の個人的日記。 ゴムペディアゴム通扶桑ゴム産業 株式会社扶桑ゴム産業

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

広告

Perlプログラマのレベルが分かるらしい。

今日は、Perlにおけるオブジェクトプログラミングについて調べてみた。というか、見ても意味の分からないソースだと「もータイヘン!」ですので、早め(?)に手を打っておかねば。

探していたら、こんなものも掘り出しました。

Perlプログラマのレベル10」と銘打った、Perlプログラマとして今自分はどのレベルなのか知ることのできるリスト。知ったからといって何にもならないけど、逆に「これから何を知るべきなのか」という意味ではとても有用。

一部引用すると、

レベル4: use strict とuse warnings を初めて学び、有用性よりも厄介さを感じている。my の意味について思案している。いろいろなモジュールでほとんどの問題を解決できることは知っているが、それらの入手方法や使用方法は知らない。Perlのニュースグループに参加しているが、自分に関係のないトピックについての大量の議論に圧倒されている。

レベル5: 正規表現、演算子、I/O、およびスコープについて基本的な理解がある。皆が言っているので、my、use strict、およびuse warnings を使用している。多くの人たちがこのレベルを超えないのは、たとえ非効率であっても、再利用可能なコンポーネントの作成を除けば、ほどんど何でもできるからである。このレベルか次のレベルでは、リファレンスのことを知っている。


こんな感じなのですが、ここで初めてuse strictってなんじゃいって思ったので調べました。なるほどなるほど…。必要性は感じます。myは必須だし、使ってる。正規表現もある程度理解しているが、まだ5って程でもないので自分はレベル4.5位かなあと思ってみたりする。

今まで逃げ続けていた(?)オブジェクト的考えもちょっぴり理解できたような気がする。じゃあ、もう使えるか?と言われたら???ですが…汗

コメント
コメントする

感想のみをお書き下さい。製品や加工のご質問・お問い合わせは[ゴム通]お問い合わせフォームをご利用下さい。こちらのコメント欄でのお問い合わせにはお答え致しかねます。ご了承下さいませ。