扶桑ゴム産業の最新情報とうぇぶますたあ「TKYK」の個人的日記。 ゴムペディアゴム通扶桑ゴム産業 株式会社扶桑ゴム産業

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

広告

超臨界ガス発泡体「AZOTE・ZOTEK」販売価格大幅値下げ!!


これまで厚みによって最小ロットの条件が付加されていた「超臨界ガス発泡体 AZOTE・ZOTEK」シリーズが、この度、最小ロット1枚からご購入頂けるようになりました。
これによってこれまでの販売価格が大幅にプライスダウンされ、とてもお求めやすい価格となりましたので是非とも各商品ページをご確認ください!



「AZOTE」とは
 超臨界窒素ガスを発泡剤として発泡させた、ポリオレフィン系の架橋タイプ独立気泡発泡体シリーズです。化学発泡剤を使用していませんので低アウトガスでクリーンな材料です。発生ガスを嫌う分野に最適な発泡体です。

「ZOTEK」とは
 AZOTEと同様に超臨界窒素ガスを発泡剤として発泡させた、エンジニアリングプラスチックの架橋タイプ独立気泡発泡体です。低アウトガスでクリーンであると同時に、素材の特徴を生かした高機能性が特徴の材料です。

超臨界ガス発泡体」とは
 通常は樹脂を膨らませるために発泡剤という薬品を配合し発泡させますが(化学発泡フォーム)、AZOTEとZOTEKはこの発泡剤を一切使用しません。超臨界状態にさせた窒素を発泡剤として使用しています。そのため1つ1つの気泡(セル)は均一となり材料の隅々まで均一な密度となります。
 また同じ密度の化学発泡ポリエチレンフォームなどと比較した場合、AZOTEとZOTEKのほうが物理的強度がアップします。それはすなわち軽量化が出来ることを意味します。
 また、泡剤を使用する化学発泡フォームは発泡材の残渣がセル内に残るため発泡剤に起因するガスが発泡体から出てしまい、アンモニア系の嫌な臭いや金属などを腐食させる原因となるのに対して「超臨界ガス発泡体」は最大の特徴として、発泡体から出る発生ガスを最小限に抑えることが可能となり、低アウトガスでクリーンな材料として発生ガスを嫌う分野に最適な発泡体です。

[PR]絶縁性ゴムシートならゴム通で!

コメント
広島は雪ですね〜。
博多も寒いですかね〜。
ここのブログはうぇぶますたあ「TKYK」の個人的日記で、記事はすべて「TKYK」さんが書いていると思ってました。
しか〜し実は「masaki」さんも書いていたことに今気づきました。
びっくり!
更新頑張って下さい。
  • heroshi
  • 2010/01/13 2:48 PM
コメントする

感想のみをお書き下さい。製品や加工のご質問・お問い合わせは[ゴム通]お問い合わせフォームをご利用下さい。こちらのコメント欄でのお問い合わせにはお答え致しかねます。ご了承下さいませ。